完全成功報酬制完全成功報酬制

残業代請求のタイミングについて

残業代請求には、時効があります。

残業代請求は、2年間で時効になります。

そのため、さかのぼって請求できるのは2年分の残業代に限られます。

毎月の給料日が来るたびに、その2年前の月の給料分から時効になっていきますので、早めの対応が必要です。

退職した後でも、残業代は請求できます。

退職しても、過去に働いた分の残業代を請求することができます。

退職の直前・直後は、残業代を請求するうえで心理的にも経済的にもとても良いタイミングです。ただし、残業代請求は2年間で時効になりますので、早めの対応が必要です。

残業代の不払いは、違法です。

お客様が、労働に対する賃金である残業代を正しく得られることは、当然の権利です。
当事務所は、お客様のご負担を最小限に、得られる残業代が最大限になるよう、自信を持って取り組みます。

残業代請求に関しては、個人によってさまざまなケースがあります。当事務所は、「あなたの場合」はどうなのか、どのような見通しになるのかについて、具体的なアドバイスをいたしております。

まずはぜひ、フリーダイヤルまたはメールにて、当事務所にご相談ください。

pagetop

お客様にとって最良の解決方法を、自信を持ってご提案いたします。私たちにおまかせください。お役に立ちます。相談料は何度でも0円! フリーダイヤルでのお問い合わせは0120-86-3410 メールでのお問い合わせはこちら

  • 初回相談料30分無料このボタンをタップしてお電話ください 0120-86-3410 【営業時間】平日9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせはこちら

あなたの未払い残業代を計算します! 残業代チェッカー

残業代が戻らなければ、負担額はゼロ!初期費用0円!完全成功報酬制

あなたの未払い残業代を計算します! 残業代チェッカー

残業代が戻らなければ、負担額はゼロ!初期費用0円!完全成功報酬制

残業代請求Q&A